おすすめ投稿

初心者でもわかるリフォームのコツ

  初心者でもわかるリフォームのコツ

L9-1

1度リフォームすると最低10年は使い続けることになる住まい。
家族みんなが満足するためには事前にじっくり話し合って
プランニングをしていくことが重要です。

  不満と不便と希望を確認!

古いキッチン

リフォーム・リノベーションをする際には、まず家族みんなで
話し合って、意見をまとめておくことが大切です。
普段から感じている不便な点や不満な箇所等を持ち寄り、
どのようにリフォームしたら良いのかを検討しましょう。
家族全員の意見がまとまらないまま工事に入ると、途中で変更や
追加工事が発生し、予算オーバー・・・なんてことにもなりかね
ません。

  優先順位をつける!

ƒvƒŠƒ“ƒg

次に希望をプロである施工会社(私達も含め)にぶつけて下さい。
ここで私達はプランニングをご提案致します。
毎月いくつもの事例に接している施工会社は、お客様が考えている
以上のアイデアを出してくれるはずです。予算との兼ね合いも
あるので、どの程度不満なのか、項目別に不満度の割合を出して
おかれると、予算調整の時に役立ちます!

その時に気を付けたいのが、5年後、10年後の家族のライフ
スタイルの変化。家族構成や、年齢を経た時にどの程度対応できるか
も考えておくと良いでしょう。

 

株式会社マリナホーム 福岡市西区小戸1-21-22
0120-510-015
092-883-3077
info@marinahome.net
ホームページはコチラから

あなたのお家は大丈夫?地震に耐えられる家③

耐震 画像

耐震・免震・制震ってどう違うの?

地震大国の日本では、いにしえの昔から地震が起きたときのための知恵がたくさん生まれてきました。

今日の日本には、建物の揺れを抑える方法として、

『耐震』『免震』『制震』の3つの地震対策があります。

『耐震』

建物をなるべく強固に作って、地震時に横からかかる大きな力に対し、地震力を吸収し耐える

建物が倒壊する危険は低くなりますが、地震の揺れが直接建物に伝わるので、中にいる人は直接揺れを感じやすくなります。室内の家具などの転倒が起きることもあります。

 

『免震』

基礎部分に免震装置を入れて、大地震の振動を建物に伝えにくくする仕組み

建物内の揺れや家具転倒はほとんどなく、二次災害も避けられる。

建物へのダメージは少ない。

 

『制震』

土台と梁の中間に設置した振動吸収装置が建物の振動を吸収して建物の揺れを軽減する仕組み。

耐震と比べると建物の損傷は抑えられる。

 


 

揺れの軽減率及び二次災害を避けるには「免震」による地震対策が有効であることが分かります。

しかしながら、一般住宅にはいまいち普及していないようです。

理由は工事費が高額だったり、軟弱地盤では設置できないことなどの点があります。

 

免震だけでなく、耐震、制震ともに、注目されてきています。

お住まいの地震対策は、もしもの時が予測できない分、後回しになりがちですが【備えあれば憂いなし】で、今一度、検討してみてはいかがでしょうか?

ご自宅の地震対策をもう一度再確認する良い機会になりますように。

 

お住まいの性能強化はご家族の安心安全につながります。

気になることやご不明な点などがありましたら、

株式会社マリナホームまでお気軽にご相談くださいませ。

 

 

あなたのお家は大丈夫?地震に耐えられる家②

 どうやって耐震等級を上げるの?

前回のあなたの家は大丈夫?地震に耐えられる家①でも書いたように、

耐震等級2以上の耐震性があれば大地震にもしっかり備えられます。

「耐震等級が低くて心配!」

という方は耐震補強をすることで、等級を上げることが出来ます。

 

 

耐震補強の方法はこの6つ

1.強い壁を増やす。

大きな窓やドアを小さくし、壁を追加する。今ある壁を強いものに変える。筋交いを入れたり、構造用合板 を貼る。

↓写真のように筋交いをインテリアとしておしゃれに見せる方法も♪

i5i4

2.壁をバランスよく配置する。

平面では窓やドアなどの多い側に壁を増やす。立面では上の階の壁の真下に柱や壁を設けるようにする。

3.床や屋根を補強する。

床や屋根を固め、屋根は軽いもの変える。

4.柱・筋交い・梁などをしっかり繋げる。

柱脚金物、筋交いプレート、短冊金物で緊結する。

5.基礎を丈夫にする。

鉄筋が入っていない基礎の場合は鉄筋コンクリート基礎を敷く。

6.土台や柱が腐らないようにする。

腐っているものは取り替える。足元廻りの風通しを良くする。

 

以上、6つの耐震補強方法でした。

安心してご家族が暮らせるお住まいを作ることために、

是非、一度しっかり見直してみてはいかがでしょうか。

記載内容以外でも、耐震のことでご不明な点がありましたら、

お気軽に株式会社マリナホームまでご相談くださいませ。

 

あなたのお家は大丈夫?!地震に耐えられる家①

この度は東日本大震災・九州熊本地震におきまして、被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。今後もより早い復興を心からご祈念申し上げます。

どのような家が地震に耐えられるの?

 

 

jishin_tsuyoi

地震に耐えられる家とはどのような家のことを言うのでしょう?

建築基準法で定められている耐震性とは、

・中地震(震度5程度)で損傷しないこと

・大地震(震度6程度)で大破、倒壊しないこと

この2点です。

つまり、大地震時にはとにかく倒壊しないこと。

または、壊れるけど、人命にかかわるような倒壊や損傷を起こさないレベルであることということですね。

建築基準法を満たすこととは、最低限の耐震性をクリアしたものと考えましょう。

 

大地震に耐えられる家にするには耐震等級2以上の耐震性が必要と言われています。

 

耐震等級ってなあに?

耐震等級には1~3までの等級が設けられていて、以下のような目安になっています。

《等級1》

数百年に一度発生する地震(東京では震度6強から震度7程度)の地震力に対して倒壊、崩壊せず、数十年に一度発生する地震(東京では震度5強程度)の地震力に対して損傷しない程度。

等級2》

等級1で想定する1.25倍の地震力に対抗できる。

等級3》

等級1で想定する1.5倍の地震力に対抗できる。

 

耐震等級を取得した住宅は耐震等級に応じて地震保険の割引も受けられるので、

専門家の意見を参考に耐震等級のレベルを決めていくといいでしょう。