月別アーカイブ: 2015年2月

嬉しいこといっぱい!省エネ住宅ポイント②

対象工事とポイント数について

前回の記事では、制度の概要についてお話ししました。
今回は、どんな工事が対象になるのか、そしてそのポイント数についてお話します。
 

どんな工事が対象になるの?

大きく分けて3つあります。

①窓の断熱改修・・・1.内窓の設置 2.窓交換 3.ガラス交換

②外壁、屋根、天井または床の断熱改修

③設備エコ改修(3種類以上を設置する工事)

①~③のうち、いずれか1つ以上の工事が必須になります。

また、その他の工事として

A.バリアフリー改修
B.エコ住宅設備の設置
C.リフォーム瑕疵保険
D.耐震改修工事
・既存住宅購入

などの工事を行った場合、ポイントが加算されます。

 

それぞれどれくらいポイントがもらえるの?

1.窓の断熱改修

窓は大きさによってポイント数が変わるんです。

1.内窓の設置

大→20,000ポイント 中→14,000ポイント 小→8,000ポイント

2.窓交換

大→20,000ポイント 中→14,000ポイント 小→8,000ポイント

3.ガラス交換

大→8,000ポイント 中→5,000ポイント 小→3,000ポイント

 

2.外壁・屋根・天井、または床の断熱改修でもポイントがもらえます!

省エネ住宅

お得にリフォーム!省エネ住宅ポイント①

省エネ住宅ポイント制度ってなぁに?

エコリフォームまたはエコ住宅の新築をした場合に、様々な商品などと交換できるポイントが発行されるお得な制度です。
地球温暖化対策の推進に役立つ住宅の省エネ化、住宅市場の活性化につなげるという政策です。

こちらの記事では「エコリフォーム」についてを詳しくご案内させていただきます。

 

どんな住宅が対象になるの?

家族だんらん
制度の対象になるものは、大まかに分けて3パターンあります。

①いま住んでいる家をリフォーム

②賃貸物件をオーナーがリフォーム

③既存住宅の購入してリフォーム

③の場合、購入から3ヶ月以内にリフォーム工事を発注すればOKです。
従来制度(住宅エコポイント制度)とは違い、現在お住まいではなくても利用可能なところが嬉しいですね。
『今から住宅購入してリフォーム!』と思っている方はチャンスと言えます。

 

いつからいつまでが対象期間なの?

平成26年12月27日~予算終了まで。

※上記期間に工事着手し、平成27年2月3日以降(予算成立日以降)に工事完了するものが対象です。

対象期間(図)

もう既にスタートしていますね。
国土交通省のホームページには遅くとも平成28年11月30日と書いてありますが、もっと早く終わるのでは!?と予想しています。
リフォームの予定があれば、少しでも早いほうがいいかもしれません。

 

ポイントで何ができるの?

その1:商品交換

交換商品

その2:即時交換

エコリフォーム以外の追加工事をする場合、その費用に充てることができます。

 

今回は第一弾として、省エネ住宅ポイント制度の概要についてお話しさせて頂きましたが、いかがでしたか?
この記事が、エコポイントに興味を持つきっかけになっていただけたらとても嬉しいです。

さて、次回は「どんな工事が対象になって、どのくらいのポイントがもらえるのか?」についてお話します。

嬉しいこといっぱい!省エネ住宅ポイント②

福岡のリフォーム・リノベーションのことならマリナホームへ
福岡市西区小戸1-21-22
フリーダイヤル:0120-510-015
携帯からはこちら:092-883-3077
ファックス:092-882-5157
メール:info@marinahome.net