あなたのお家は大丈夫?地震に耐えられる家②

 どうやって耐震等級を上げるの?

前回のあなたの家は大丈夫?地震に耐えられる家①でも書いたように、

耐震等級2以上の耐震性があれば大地震にもしっかり備えられます。

「耐震等級が低くて心配!」

という方は耐震補強をすることで、等級を上げることが出来ます。

 

 

耐震補強の方法はこの6つ

1.強い壁を増やす。

大きな窓やドアを小さくし、壁を追加する。今ある壁を強いものに変える。筋交いを入れたり、構造用合板 を貼る。

↓写真のように筋交いをインテリアとしておしゃれに見せる方法も♪

i5i4

2.壁をバランスよく配置する。

平面では窓やドアなどの多い側に壁を増やす。立面では上の階の壁の真下に柱や壁を設けるようにする。

3.床や屋根を補強する。

床や屋根を固め、屋根は軽いもの変える。

4.柱・筋交い・梁などをしっかり繋げる。

柱脚金物、筋交いプレート、短冊金物で緊結する。

5.基礎を丈夫にする。

鉄筋が入っていない基礎の場合は鉄筋コンクリート基礎を敷く。

6.土台や柱が腐らないようにする。

腐っているものは取り替える。足元廻りの風通しを良くする。

 

以上、6つの耐震補強方法でした。

安心してご家族が暮らせるお住まいを作ることために、

是非、一度しっかり見直してみてはいかがでしょうか。

記載内容以外でも、耐震のことでご不明な点がありましたら、

お気軽に株式会社マリナホームまでご相談くださいませ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です