リフォームのコツ」カテゴリーアーカイブ

断熱効果で年中快適に暮らそう!

plant_top

断熱って具体的にはどんなこと?

断熱とは、家の中の空気(熱)を逃さないように家を断熱材で包むことを言います。

包むことで、熱を逃げにくくするだけでなく、外気温度の影響を受けにくくすることが出来ます。

 

下記のような状況が当てはまるお家は、断熱性能を見直すことで年中快適に暮らすことが出来ますよ!

〇夏場に冷房をしてもなかなか冷えないnatsubate_girl2

〇エアコンを停止すると短時間で室内温度が上がってしまう。

〇長時間エアコンを付けっぱなしなので電気代がバカにならない

〇冬場に暖房をしてもなかなか温まりづらいmedical_samuke-1

〇床が冷たくてスリッパなしでは歩けない

〇窓際に行くとヒンヤリする

〇ストーブの前だけが暖かい

〇廊下、トイレ、お風呂などが寒く、家の中の温度差が大きい

 

断熱のメリットは家の中で快適に過ごせる事だけではありません。

省エネルギーによって、CO2排出量の削減になり地球温暖化防止の助けになります。

もちろん光熱費の節約にもなるので嬉しいですね!

 

では一体どこを断熱すればいいの?

熱の出入り口となるのは、住宅の外側を覆う全ての部分です。

中でも「窓」はもっとも熱の出入りの大きい部分です。00706-450x337

驚くなかれ、

夏には全体の71%が窓から入ってくる熱で暑くなります。

冬には全体の48%の熱が窓から出て行ってしまっています。

それ以外の外壁や屋根などの部分からの熱の出入りは、それぞれ10%台かそれ以下です。

というわけで、お住まいの断熱性能が気になる方は、

まずは、窓の断熱から見直してみましょう。

 

さて、次回は「3タイプから選べる!あなたにぴったりの窓リフォーム」についてお話します。

気になる収納のこと③

デッドスペースを収納空間に

前回に引き続き、今回も収納についてです。
前回までの記事はこちらから↓↓ご覧ください。

気になる収納のこと①
気になる収納のこと②

 

屋根裏を使った収納空間

こちらは戸建の物件にお住まいの方の特権ですね。
屋根裏の使えそうなスペースを収納空間として使用できるようにしています。

子供部屋から通じる屋根裏の収納空間。お子様が小さいうちは遊びの空間(秘密基地)としても使用できます。

子供部屋から通じる屋根裏の収納空間。お子様が小さいうちは遊びの空間(秘密基地)としても使用できます。

子供部屋からの入り口はこんな感じです。

秘密基地への扉みたいな収納扉。

秘密基地への扉みたいな収納扉。

お部屋の内装としてはこんな感じ。

机の横には広い収納空間が隠されています。

机の横には広い収納空間が隠されています。

 

既製品を使った収納事例

ここからは既製品のご紹介です。
実際にリフォームで施工させていただいたお住まいをご覧ください。

_MG_5074

イケアの隠す収納家具です。

こちらはトータルリフォームをご依頼いただきました。
コンセプトは「イケアの家具が似合う住まい」。
無垢のフローリングに木製の内窓、白い壁。
収納家具だけでなく、後ろに映りこむ隣のキッチンもイケア製。

 

魅せる収納、ダイケンの「ミセル」です。

魅せる収納、ダイケンの「ミセル」です。

こちらは大建の収納。
小物を飾りたいという奥さまの願いを叶えるリフォームを実現させるために不可欠な収納家具でした。

 

TOTOの「レストパル」は、収納棚の中にタンクが隠れているスッキリしたデザイン。

TOTOの「レストパル」は、収納棚の中にタンクが隠れているスッキリしたデザイン。

最後に、トイレの収納です。
タンクも収納しているタイプです。
見せない収納が上手にできるトイレですね。

これならお友達を招待しても、「見られたくないもの」をスッキリ収納できます。

いかがでしたでしょうか?
少しでも参考にしていただけると幸いです!
ここには掲載できなかった事例もたくさんありますので、
お住まいに気になることがあればお気軽にご相談下さい!

収納関連記事
気になる収納のこと①
気になる収納のこと②
気になる収納のこと③

福岡のリフォーム・リノベーションのことならマリナホームへ
福岡市西区小戸1-21-22
フリーダイヤル:0120-510-015
携帯からはこちら:092-883-3077
ファックス:092-882-5157
メール:info@marinahome.net

気になる収納のこと②

思い通りの収納

思い通りの収納、と一口に言ってもその種類は様々です。
以前の記事(気になる収納のこと①)では重たいものを収納したいケースについて書きました。
今回は多様な収納スペースについてです。

マリナホームではこれまでに様々なリフォームを手掛けてきました。
その中で、ちょっとユニークな事例をいくつかご紹介します。

 

壁の厚みに棚を埋める「ニッチ収納」

ニッチって、時々耳にする言葉です。
そのニッチに収納を作るのがニッチ収納。
「すきま」のことです。
この場合の壁とはコンクリートを除きます。
木造の壁です。
この壁の厚みの分、棚として簡単な収納スペースを作れたりします。

実際の収納施工事例がこちら。

①廊下の壁にある収納
marina_h_seshu05marina_h_seshu06
②ダイニングをもっと快適にするためのちょっとした収納
10_0807_12

 

③マンションでも、コンクリートの壁でなければリフォームで作れます。廊下造作棚

お香立てを飾るのにちょうどいい棚。

 

集めているものをきれいにディスプレイできる棚(見せる収納)

趣味で色々なものを集めておられる方、せっかく集めたんですからきれいにディスプレイしたいですよね。
造作すると、収納物に合わせた思い通りの棚ができます。

小物用棚造作

お気に入りの小物が並ぶと、まるで雑貨屋さんのような雰囲気に。

旅行先で集めた小物を収納できるようにしたのがこちらの事例です。

フローリングに合わせた造作棚

フローリングの色と合わせて造作した棚。 奥さまの長年の夢が実現した一品です。

こちらはお気に入りのお酒をきれいにディスプレイできる棚。

キッチン横の棚

大工の棟梁発案の造作の棚。

ちょっとしたことですが、お気に入りの物がキレイにディスプレイできるって幸せです!

自分の思い通りに仕上げられるのは、ゼロから注文できるリフォームならでは。
マリナホームではどちらも大工さんが造作しました。

 

使わないスペースを収納空間に

生活スタイルが変わったり、中古物件を購入なさったりする場合、せっかくの空間を思う存分活かせていなかったりします。
これはとってももったいない!

このスペースを上手に活用したのがこちらの事例。
ここ、以前はクローゼットではありませんでした。

リビングにクローゼットを新設

元は和室だった場所の一部をクローゼットに。 収納場所が増えると床に物を置かなくなるのでお掃除も楽!

同じお部屋のクローゼットとは反対側。

イケアの収納家具

イケアの家具が似合うリビングにリフォームしました。

こちらは既製品(イケア)の収納です。
二部屋を繋げて広いリビングに。
そして広いクローゼットも設置。
使いやすく、広々としたこのお住まいはなんと築35年。
生活スタイルに合わせたリフォームで、明るく収納力のあるお住まいになりました。

 

リビングに収納場所が増えるって、便利で住みやすかったりします。

クローゼット新設

元々は収納が無かった部屋の一角に、クローゼットを新設しています。 収納スペースが増えたことで、室内をスッキリと整頓できます。

こちらはウォークインクローゼットを造作しています。

ダイニングスペースの右側に見える黒い扉が広い収納空間への入り口

ダイニングスペースの右側に見える黒い扉が広い収納空間への入り口

内部をちょっとのぞかせていただきました。

広いウォークインクローゼットには箪笥も布団もまるごと収納できます。

広いウォークインクローゼットには箪笥も布団もまるごと収納できます。

長くなってきたので、続きは次回!

前後の記事はこちらからどうぞ
気になる収納のこと①
気になる収納のこと③

リフォームのことならマリナホームへお任せください。
ホームページへはこちらからどうぞ